小児歯科

お子さまの歯についてこんなお悩みはありませんか?

お子さまの歯についてこんなお悩みはありませんか?

虫歯がある 着色などの汚れが目立つ 痛がる 歯を物にぶつける 歯を気にして触る 口臭が気になる 歯並びが気になる
お子さまの歯に上記のようなお悩み・症状がある場合、まずはお気軽に当院にご相談ください。

お子さまを歯医者嫌いにしないためのアドバイス

お子さまが物心ついた頃から、「歯医者さんは虫歯になる前に行くところよ」と教えてあげてください。

  • 歯が生え始めたら、フッ素塗布に行く。
  • 楽しくブラッシング指導を受ける。
  • 3ヶ月に1回のペースで通って虫歯がないかチェックする。

お子さまと楽しく歯医者さんに行き、「歯医者さんは怖い」というイメージを与えないようにしてあげましょう。

大切なのは、親御さまが嘘をつかないことです。

「痛くないから行くよ」と言って実際に痛い思いをすると、お子さまは次から行きたがりません。

「痛いけど治療するのは大切なことよ」「今治療しないともっと痛くなるよ」と治療の大切さをお子さまに伝え、治療後は、「よく頑張ったね!」と褒めてあげてください。

当院と親御さまとの二人三脚でお子さまの歯の健康を守っていけたらと願っています。

当院がお子さまの治療で心がけていること

小児歯科について

当院では、お子さまを怖がらせないために、まずはブラッシングの練習や虫歯予防のフッ素塗布からスタートします。歯科医院に慣れてもらってから、本格的な虫歯治療を開始しますので、ご安心ください。 また、当院はできる限り「痛みの少ない」治療を心がけています。麻酔などを工夫し、痛みを軽減するために、細心の注意を払っています。 お子さまが無理なく楽しく通えるよう、明るいキッズスペースには絵本やおもちゃをたくさん置いています。常設されているiPadでは、好きなアニメや映画を観ることもでき、自分でパソコンを使って歯の状態をチェックすることもできます。 また、キッズクラブを設けており、800円(税別)でフッ素塗布、歯ブラシと消しゴムのプレゼントを行っています。

小児歯科Q&A

Q 子どもの歯並びが心配です。
A
矯正治療は基本的に歯が永久歯に生え替わった時期に行います。幼い頃の歯並びはあまり心配する必要はありません。
Q 指しゃぶりをしているのが気になります。
A
不安やストレスから指しゃぶりをしている場合もあるので、無理矢理やめさせない方がいいです。年齢とともに自然となくなっていくものなので、深刻にとらえなくても大丈夫です。
Q 虫歯があった場合、削りますか?
A
当院では、お子さまに恐怖心を植え付けないようできる限り削らない治療を心がけています。お子さまの歯はなるべく温存しておいた方がいいので、様子・症状を診ながら判断します。
Q 子どもの歯のケアで大切なことは何ですか?
A
お子さまが小学生に入る頃、初めて生える大人の歯(永久歯)を「6歳臼歯」といいますが、乳歯の奥歯の後ろに生えるもので、歯磨きがしにくく、虫歯になりやすい歯です。6歳臼歯は永久歯の歯並びや噛み合わせの基本となる歯です。虫歯にならないようにご自宅でもしっかりとケアするだけでなく、定期的に歯科医院でもケアすることが大切です。

お気軽にご予約・お問い合わせください

太宰府で歯科・歯医者をお探しの際はお気軽にご相談下さい。